レストア・電装カスタマイズを全て自社で作業できる【有限会社 清新電機工業所】

こちらのページでは、「117クーペ」のレフレクター修理と、
「サニークーペ」のオーディオパネル製作の模様をご紹介します。

■「117クーペ」レフレクター修理



塗膜を剥がしていったところ、先ほどと同じように朽ち果てていました。パネルのプレスラインはもう原型を留めていません。ここからパネルの再生です。


型紙に合わせ、少し大きめに切り出した鉄板の中を切り抜き、内側の折り返し部分を作ります。後ほどスポット溶接機を使って取り付ける部分になります。折り返し部分もしっかり残して、切り出します。


これが元になる鉄板です。ここから叩き出して、パネルを作っていきます。角度やRが先ほどのパネルより多いので時間が掛かりますが、ここで手抜きをしてしまいますと後が大変ですので、少しずつ形を作っていきます。


先ほどと同じように、反対側に合わせながらハンマーで叩いていきます。そして出来上がったのがこのパネルです。奥の箱状のパネルは錆を完全に除去し、淵の腐りを半田で修正し再利用します。


折り返し部分も再生していきます。外部からの水の浸入により錆が発生しやすい部分ですので、仕上げ時にはその対策もしていきます。

■「サニークーペ」オーディオパネル製作



旧車のオーディオ取付というと、グローブBOX内やその下へ取り付けたり、コンソール切りっ放しの状態で取り付けたりと様々ですが、私達はそういったものではなく、あたかもその時代にあったかのような純正風仕上げにこだわっています。


ご覧頂けばわかりますように、センターコンソールに取り付けたオーディオパネルも、ハンドメイド・カスタムとなっております。お客様とご相談の上、パネル等を製作致しますので、お好みのパネルに仕上げられます。

トップページ作業風景1作業風景2作業風景3作業風景4得意な車種会社概要お問い合わせ